チラシ

暮らしの広場8月号

子どもからお年寄りまでみんなが快適に暮らせる住まい

 

10年、20年。この先ずっと快適に過ごせる住まいにするために、ユニバーサルデザインを取り入れてみませんか。

 

 

バリアフリーとユニバーサルデザインの違いって?

『ユニバーサルデザインは』できるだけ多くの人が利用可能であるデザインにすることが基本コンセプト。バリアフリーとの違いは『デザイン対象を障害者の方や高齢者のかたに限定していない』点です。広い視野でみれば『バリアフリー』は『ユニバーサルデザイン』の一部と言えます

画像クリックで拡大します

暮らしの広場7月号

世界一幸せな国デンマークから学ぶ

『HYGGE』ヒユッゲな暮らし

日照時間が短く、冬が長いデンマークでは、巣ごもりライフが日常的。

自宅で心地よい生活を送るためのヒントをデンマークから学んで、生活に取り入れてみませんか。

 

ヒユッゲってどういう意味??

ヒュッゲとは『幸せ、満足感、心の安らぎ』を感じられる雰囲気を表すデンマーク語の事

たとえばこんなシーンや場所に『ヒュッゲ』があります

 

家族で集まり、ゆったりとした時間を過ごしているとき

明るくて心地よいくつろげる空間

キャンドルをともしながらひとりで読書をしているとき

 

ヒュッゲな暮らし我が家でもしませんか

 

画像クリックで拡大します

暮らしの広場 6月号

電気を見直して、地球とおサイフにやさしく家庭でできる省エネHow to

 

電気を消して、スローな夜を合言葉に、省エネを考えるイベント【キャンドルナイト】カナダで始まったこのイベントは、この頃は日本各地でも行われるようになりました。ロウソクのやさしい光を眺めながら、沢山の電力を使いがちな、ふだんの暮らしを振り返ってみませんか。

私たちの暮らしが便利で豊かになるにつれて、電気が生活の中で果たす役割は拡大しています。電力消費量は、石油ショックが発生した1973年度以降も着実に増加しています。

画像クリックで拡大します

暮らしの広場 5月号

これからの暮らしをもっと満喫したい!

充実したセカンドライフにするには?

定年退職、子どもの独立などを経て、『第二の人生』をスタートさせるアクティブシニア世代。家に居る時間が増え、過ごし方も変わってはいませんか?何をすれば楽しいセカンドライフを送れるのか、考えてみましょう。

画像クリックで拡大します

暮らしの広場4月号

子供たちが巣立ったあとは。夫婦ふたりで過ごす時間が長くなります。不安はあるけど、穏やかに過ごすためには、お互いの生活スタイルを尊重し合い、ほどよい距離感を保つことが大切です。将来に向けて、これからのオトナ夫婦の暮らし方を考えてみませんか。

画像クリックで拡大します

暮らしの広場3月号

いざというとき、大丈夫?

ハザードマップから始めるわが家の災害対策

 

ご存じですか?ハザードマップ

ハザードマップとは、お住まいの地域がどのような災害に弱いかを知ることができるマップです。『河川の洪水浸水』のほかに『土砂災害』『地震災害』など、災害の種類ごとにまとめられています。

★住まいの災害対策は、自宅の立地を知ることから始まります。

★万が一の際にどこに逃げるか、防災マップでシュミレーションを。

★外へ避難しづらい場合も。屋内の安全も確保して。

 

国土交通省のポータブルサイトでは『重ねるハザードマップ』と『わがまちハザードマップ』が公開されています。『わがまちハザードマップ』をチェックし、ハザードマップが作成されてない地域の場合は『重ねるハザードマップ』をチェックしてください。

画像クリックで拡大します

暮らしの広場2月号

玄関は「家の顔」。

収納を見直し、お客様や家族をお出迎え

靴以外にも、ゴルフバックやベビーカーなど玄関まわりに置くものは意外と多く、雑然としてしまうことも。収納をみなおしてキレイな玄関にすれば、お客様も、家族も気持ちよく使えます。

画像クリックで拡大します

暮らしの広場1月号

1月6日は色の日

仕事をするなど、自宅で過ごす時間はこれまでよりもずっと長くなりました。

おうちの時間をもっと豊かに過ごすために、自分好みの色やインテリアで、わが家を返信させてみませんか。

 

 

画像クリックで拡大します

暮らしの広場12月号

12月1日は防災用品点検の日

ローリングストックで、備え上手に

いざというときの為に、食料品や防災用品は備えておきたいもの。でも、いざというときに消費期限切れになっていたり、どこに何があるかわからなくなってしまったりすると元も子もないですよね。そこでおすすめしたいのが、『ローリングストック』です。

 

ローリングストックって、なんのこと?

ローリングストックとは、食べ物や日用品を多めに備え、定期的に消費して、使った分だけ買い足していくという「備え方」のこと。日常の生活をしながらできる備蓄方法で、いざというときの準備をしておきましょう。

画像クリックで拡大します

終わりのない『名前のない家事』を手分けしたい!

11月22日はいい夫婦の日

家事シェアしやすい住まいの工夫

『名前のない家事』の繰り返しでイライラ・・・そんなことはありませんか?

 

脱ぎっぱなしの靴の片付けに、うんざり

トイレ、いつも芯だけが残っていて、げんなり

「あれどこ」と聞かれるのは、もうイヤ

家事には『掃除』や『料理』のほかにも、名前のつかない細々とした物がたくさんあります。一つひとつは些細なことでも、積もれば負担になるもの。家族みんなで家事を気軽にシェアできるよう、住まいを工夫してみませんか。

画像クリックで拡大します

ページトップへ戻る