カスタムブログ

【DIY】カラーボックスでつくる ままごとキッチン

カラーボックスでつくる ままごとキッチン

きっと子供たちが大喜びしてくれるままごとキッチン。既製のカラーボックスをアレンジしてつくるので、とっても簡単。かわいいおもちゃの収納BOXとしても活躍します。

<用意するもの>

●カラーボックス(2段タイプ)
●板材(扉とコンロ手前板用)
●ボウル
●木のコースター(コンロ用)
●把手
●丸棒(つまみや水栓に)
●ドライバー
●きり(電動ドリル)
●引き回しのこぎり
●コンパス
●蝶番
●紙やすり
●木工用ボンド、万能ボンド
●水性塗料

①板材を扉用にカットする

扉の縦の長さは、下につかないようにカラーボックスより2㎜ほど小さい寸法にしてください。
(ホームセンターの木材カットサービス利用をおすすめします)

②扉を着色する

お好みの色を塗ります。手軽に塗れる水性塗料がおすすめです。

③ボウルを置く穴をあける

カラーボックスを横にしてボウルを置く位置を決めます。ボウルの内径を測り、コンパスを使ってカラーボックスに描きます。大きく切りすぎるとボウルが落ちてしまうので、できるだけ正確に。
きりで穴をいくつかあけてから引き回しのこぎりで丸く切ります。

④切り口を紙やすりで滑らかにする

のこぎりで切った切り口をやすりがけをします。
切り口に万能ボンドをつけて、ボウルをはめ込みます。

⑤本体に扉を取り付ける

蝶番と蝶番の間に厚紙をはさんで少しすき間を開けて取り付けると、扉の開け閉めがスムーズになります。扉の角はやすりで丸くします。

⑥コンロや水栓などを飾りつけ

コンロ手前の板は木工用ボンドで取り付けます。
扉に把手をつけて、木のコースターはそのままコンロに。丸棒を使って水栓やコンロのつまみをつくります。

⑦完成

おしゃれなままごとキッチンの出来上がり。

 

 

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求

【DIY】ソファ周りが片付く テーブルワゴンをつくる

ソファ周りが片付くテーブルワゴンをつくる

木目が美しいシナ合板を使った、木のぬくもりをそのまま味わえるワゴンです。雑誌やリモコンなど、リビングのソファ周りの小物をすっきり収納。飲み物などを置いて、テーブルとしても活躍します。

<用意するもの>

●シナ合板(シナランバー)
本体用 マガジンラック用<厚み15㎜>
●シナ小口テープ
●ラワン合板(又はシナ合板)マガジンラック用<厚み3㎜>
●ファブリック リモコンポケット用
●ストッパー付きキャスター 4個
●ブライワックス
●木工用ボンド
●釘
●飾り鋲
●ドライバー
●きり

※シナランバーは、芯に軽量な材料を使いシナで挟んだもの。薄くても反りにくく強度もあって、加工しやすい木材です。

①シナ合板やラワン合板をカットする

シナ合板は本体用とマガジンラック用に、ラワン合板はマガジンラック用にカットしてください。 ホームセンターの木材カットサービスの利用をおすすめします。

②本体側板(1枚)にマガジンラック用の切り込みを入れる

サイドにマガジンラックの側板をはめ込んで取り付けるので、シナ合板の厚み分(15mm)の切り込みを入れます。

③ブライワックスで着色する

古Tシャツの端切れなどに染み込ませて塗ります。植物性のブライワックスで仕上げると、シナ合板ならではの木のぬくもりや美しさがそのまま生きます。

④ワゴン本体を組み立てる

天板と側板2枚を固定したら、次に背板を接合します。その後、底板を取り付けます。木工用ボンドを塗り固定させてから、きりで下穴をあけておき、釘を打ち込みます。

⑤本体の切り込みにマガジンラックの側板をはめ込む

マガジンラックの側板(マチ部分)をはめ込み、釘を打ち込みます。切り込み部分でワゴン本体にしっかりと固定するので、マガジンラックの接合が強化できます。

⑥マガジンラック用のラワン合板を取り付ける

木工用ボンドで接着し固定させてから、釘を打ち込みます。

⑦小口にシナ小口テープを貼る

シナ合板の小口にシナ小口テープを貼り、表面をきれいに仕上げます。

シナ小口テープにもブライワックスを塗り、より自然な仕上がりにします。
 

⑧もう一方の本体側板に布ポケットを取り付ける

 

リモコンが入るマチや縫い代部分に余裕をもたせて、布をポケット用にカットしてください。カットした布を木工用ボンドと飾り鋲で、側板に留めます。

⑨キャスターをつける

取り付け位置を決め下穴をあけてから、ドライバーでねじ留めし、キャスターを装着します。

⑩完成

両サイドにマガジンラックとリモコン用の布ポケットがあるテーブルワゴンの完成です。

 

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求

【DIY】ファイルスタンドをウッド調にリメイク

ファイルスタンドをウッド調にリメイク

背面に板を取り付けると、ウッド調のシックなファイルスタンドに。ごちゃつきがちな家族の書類や雑誌などもすっきり収納。取っ手付きなので軽くつまんでスッと引き出せます。

<用意するもの>

●ファイルスタンド
●木板(サーモウッド)
●取っ手
●ネームプレート
●袋ナット
●ボルト
●水性塗料
●電動ドリル
●ドライバー
●ステンシル用品(ステンシルシート、カラースプレー、マスキングテープ、養生用ペーパーなど)

※ウッドデッキなどに使われるサーモウッドは、防腐加工され、反りなどが少なく扱いやすい木材です。

①木板をカットする

木板はファイルスタンドの背面と同サイズにカットしてください。 ホームセンターの木材カットサービスの利用をおすすめします。

②カットした木板をステンシル用にマスキングする

市販のステンシルシート(型紙)をマスキングテープでしっかり木板に固定し、その周りを養生します。

③スプレーで塗装する

シート側に対して垂直に2~3回に分けてカラースプレーを吹きつけます。シートをはがすと完成です。

※ステンシルのやり方については使用説明に従ってください。

④ドリルで四隅に穴をあける

木板をファイルスタンドの背面に重ねて、ドリルで穴をあけます。F型クランプを使うと、しっかり固定できるので、穴あけの位置がずれずに作業がラクに。木板に傷がつかないように端板をはさんでください。

 

F型クランプ

⑤袋ナットなどを着色する

袋ナットとネームプレートを水性塗料で着色します。取っ手のアイアン調に近いブラック色にします。

⑥取っ手とネームプレートを木板に取り付ける

ドライバーでねじ留めします。

⑦ファイルスタンドの背面に木板を固定する

ファイルスタンドの四隅の穴に、内側からボルトを差し込み、表の木板からは袋ナットで留めます。

袋ナットはアクセントにもなります。

⑧完成

背面にネームプレートを取り付けたので、ご家族それぞれ用のファイルスタンドをつくれば、書類や写真もすっきり整理できます。

 

 

 

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求

【DIY】すのこでつくるブックシェルフ

すのこでつくるブックシェルフ

絵本や雑誌を収納できるブックシェルフ。すのこの裏側を利用して、持ち運びもしやすい、かわいい本棚をつくってみませんか。

<用意するもの>

●すのこ 1枚
●板材(側板用)2枚
●板材(前板用)2枚
●水性塗料
●木工用ボンド
●釘

①側板をカットする

壁にすのこをもたせかけ、本の置きやすさ、すのこの立て掛けやすさを見ながら、壁にもたせかける角度を決めます。
角度が決まったら、側板の下端を斜めにカットします。(側板はすのこより少し長めにしておきます。)

壁に当たる部分の側板も斜めにカットするとより安定します。

②材料に着色する

材料を水性塗料で着色します。今回はすのこを濃いブルーに、側板を薄いブルーに、前面の板を白にしてみました。

 

③側板を固定する

塗料が乾いたら、すのこの側面に接着剤を塗り、側板を釘で固定します。

側板はすのこの桟木の面に合わせて固定します。

 
 

④前板をつける

桟木の部分に接着剤をつけて固定します。(このために、桟木と側板の面が同じになるようにしておきます)

前板を側板と桟木に釘打ちして固定します。

⑤完成

前板に飾りのパーツなどをつければ、よりかわいく仕上がります。

ちょっとしたインテリアになります。

 
ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る