気をつけて!リフォーム工事の点検商法ご存じですか?

リフォーム工事の点検商法ご存じでしたか?

近くで屋根工事をしていたら、お宅の瓦が傷んでいるように見えたので点検したい。と業者が訪問してきた。点検したあと、業者が撮影した瓦の映像をみせられ

かなりひどい、このままだと雨もりするかもしれない。直ぐに工事をした方が良いと言われ契約をしてしまい、不安になり後でキャンセルの電話をいれたら怒鳴られた!

また

屋根がめくれているのが見えた!と言って屋根に登って点検すると言うので依頼したら屋根がめくれている画像を見せられた!そのあと建てたハウスメーカーにみてもらうと釘を引き抜いたような新しい傷があると言われた

※独立行政法人国民生活センター 見守り新鮮情報より抜粋

 

 

 

未然に防ぐようにするためには

●突然訪問してきた事業者に安易に点検させないようにしましょう

●点検後に修理を勧められてもその場で契約しないようにしましょう。別の専門家に確認を依頼しましょう。複数の事業者から見積を取ると良いと思います

 

住宅リフォーム工事等の勧誘が目的ということを告げずに点検を持ち掛け、不安をあおって契約を

せかすという「点検商法」のトラブルが後を絶ちません。

点検させてほしい と訪問してくる業者には応対しないほうが安全です

 

弊社にも屋根のご相談の電話が多いです。点検商法の業者から言われた【不安だからみてほしい】

甚大な被害をもたらす台風の後や大きな地震の後だったりすると築年数が浅くても被害が出たりしますが、基本屋根の状況を見るタイミングとしては【屋根の塗装の時期が来た時に】業者にご依頼されると良いと思います。

弊社も屋根塗装工事やカバー工法など屋根工事も承っております。その時がきましたらお気軽にご相談ください

 

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る