暮らしの広場9月号

家族を守り、安心して過ごすために。
在宅避難ができる住まい

 

もしもの時、身の安全が確保できるなら、避難場所ではなく住み慣れた家で過ごす『在宅避難』ができると嬉しいもの。そのためには、日ごろから準備を整えておくことが大切です。

 

在宅避難するためのつのポイント

もし災害が起こったら!

 

1.家が倒壊していない

事前にハザードマップをチェックし、災害リスクにあった対策ができているか確認しておきましょう。

 

2.被害が少なく、安全に過ごせる

家具の転倒や落下、ガラスの飛散を防ぐような空間づくりをしておきましょう。

 

3.食料などの備えがある

1週間分の食料・水・生活用品の備えを!太陽光発電などの電源設備もあると安心。

 

いざ!の時のために

まずは『家検』で、今の住まいをチェックしておくことも大事ですね!

 👇

住まいの点検【家検】についてはこちらへ

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る