パントリーが使いやすい場所!カップボードの横が良い

 

八千代市M様邸新築工事完成しました

今回はキッチンをご紹介

 


自動水栓が付いた最新のキッチン
手をかざすだけで温かいお湯が出てきます!

 



カップボード横のパントリーはストック物や食器類がたっぷり収納できることと、取り出しやすい位置なので使い勝手が良いですね。

 


M様この冬はキッチンに立つのが楽しみですね。

 

 

 

商品は

システムキッチン リビングステーションVスタイル

・IHクッキングヒーター

・食器洗い乾燥機

・スリムセンサー水栓浄水器付き

・ほっとくリーンフード

・カップボード

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求

【八千代市・建替え】耐震等級・台風等級・省エネ基準を上げた快適な住まい

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求

木造住宅耐震診断および耐震補強工事補助金のお知らせ

  • 木造住宅耐震診断および耐震補強工事補助金のお知らせ

    令和3年度(各市により期間が異なります)

    昭和56年5月31日以前に建築または着工した住宅であることが条件です。

    【習志野市】
    耐震診断:補助額上限¥80,000 (耐震診断費の2/3)
    耐震改修工事:補助額上限が¥100万円 (耐震改修の4/5)

    【市川市】
    耐震診断:補助額上限¥80,000(耐震診断費の2/3)
    耐震改修工事:補助額上限100万円(耐震改修の4/5)

    『習志野市・市川市の耐震診断シュミレーション』

    耐震診断費用123,000の場合
     その2/3=82,000 
    (補助額上限8万円使用の場合)
      123,000-80,000=43,000
    ご負担額は 43,000円

    【八千代市】
    耐震診断:補助額上限¥60,000(耐震診断費の2/3)
    耐震改修費:補助額上限¥100万円(耐震改修の4/5)

    耐震診断費用110,000の場合
     その2/3=73,333
    (補助額上限6万円使用の場合)
      110,000-60,000=50,000
    ご負担額は 50,000円

    【佐倉市】
    耐震診断補助金
    対象:A昭和56年5月31日以前に建築されていて、昭和56年6月1日以降に増築されていないもの
       B昭和56年6月1日から平成12年5月31日以前に建築されていて、平成12年6月1日以降に増築されていな   いもの

    対象Aの補助額上限¥75,000(耐震診断費の2/3)
    対象Bの補助額上限¥40,000(耐震診断費の2/3)

    木造住宅補強改造工事補助金
    対象:A昭和56年5月31日以前に建築されていて、昭和56年6月1日以降に増築されていないもの
       BAに該当する建物のうち、満60歳以上の者のみの世帯、市の定める障害者のいる世帯、非課税世帯のいずれかに  該当する世帯が居住するもの
       C昭和56年6月1日から平成12年5月31日以前に建築されていて、平成12年6月1日以降に増築されていないもの

    対象Aの補助額上限¥70万円(耐震改修の1/2)
    対象Bの補助額上限¥100万円(耐震改修の1/2)
    対象Cの補助額上限¥50万円(耐震改修の1/2)

    【四街道市】
    耐震診断費補助金
    ・木造在来工法で建築された戸建又は併用住宅
    ・2階以下で、建築確認済証が平成12年5月31日以前に交付されていること
    耐震診断:補助額上限¥80,000(耐震診断費の2/3)

    耐震改修費:補助額上限¥50万円(耐震改修工事費の1/3)

    【特記事項】
    ●先着順となります
    ●他の補助金とは併用はできません
    ●千葉市、船橋市は市内の指定業者でないと市の補助金は使えません
    ●詳しくは各市町村のホームページをご覧ください

    耐震基準クリアして省エネ工事をする場合は、市町の補助金を活用するよりも国の事業で【長期優良化住宅リフォーム推進事業】を検討いただく場合は、当社までご相談ください。

ZEHビルダー

  • ZEHビルダー

    【ゼロ・エネルギー住宅】
    『クリーンエネルギーでエコに暮らしたい人へ』
    高い断熱性や住宅設備機器の省エネ性により、消費するエネルギー量を減らし、消費した量と同量以上のエネルギーを太陽光発電システムでつくり出し、あまった電気はしっかり貯めるのがゼロ・エネルギー住宅。これからの住まいづくりのゴールともいわれ、2030年には一般的な新築住宅をゼロ・エネルギー住宅にする事が目標とされています。

    【ZEH普及目標と実績】
    『実績』2016年度・2017年度・2018年度のZEH普及実績(%)
    ※ZEH普及実績を公表できない場合は、戸建住宅の総建築数
    『目標』2019年度、2020年度のZEH普及目標(%)
    注:ZEH普及目標は「ZEH」、Nearly ZEH、ZEHOrientedを含む割合である事。
    【ZEH実績】
    2016年度:5%  2017年度:15% 2018年度:30%
    【ZEH普及目標】
    2019年度:40% 2020年度:50%

    一般社団法人 環境共創イニシアチブ 
    ホームページ https://sii.or.jp/

    【リファイン習志野は、ZEHビルダー登録をしています。】お問合せは:0120-47-3113

ページトップへ戻る