これからの暮らしは?衛生目線で考える3つの玄関リフォーム

コロナ禍、いつまで続くの?誰もが思い、誰もが不安ですよね

そして、今までの日常が、わからなくなってきたように感じられる時もあります

 

一番変わったのでは?と思うことは、衛生面です

今までは、こんなにも手を洗わなかった、マスクの予備、除菌スプレーや除菌ティッシュを持たないと、外出先で不安になったりしませんか?

 

散歩のつもりで外出、自動販売機でお茶を買う・・・除菌ティッシュ・・・ほしい・・・となりますよね

やはり今までとは違う物がカバンの中には常備されています

 

そう考えると、これからの暮らしはどのように変わってくのでしょうか?

 

衛生意識の高まりがわかる、アンケート調査が行われました!

Q:新型コロナウィルス感染症が拡大するなかで、住まいづくり(新築、リフォーム、リノベーション)または購入で最も必要だと感じたものは何ですか?

①除菌・抗菌など衛生面に配慮した設備  18.7%

②非接触(タッチレス)など衛生面に配慮した設備  14.2%

③換気設備 17.5%

④在宅勤務がはかどる空間  8.1%

⑤趣味などを楽しむことのできる空間  6.7%

⑥そのほか  34.8%

調査名:住まいに関するアンケート

 

①の必要だと感じた設備NO.1は除菌・抗菌など衛生面に配慮した設備となりました

でも、『衛生面に配慮した設備』って実際に、どんなものがあるのでしょうか?

 

ウィルスを持ち込まないようにするのがこれからの【住まい】

玄関でホコリのつきやすい外出着を脱いで、手洗いもできれば、汚れの持ち込みを抑えることができます

 

施工例をご紹介

 

①帰宅後すぐ手を洗える玄関洗面

 

②タッチレス水栓

 

 

③玄関で洋服を脱いで、掛けられる収納やスペース

玄関に押入れがある場合、靴収納だけでなく、洋服を掛けるスペースを作っても良いですね

 

さらに詳しくアップされています!パナソニックのホームページへ

【衛生目線で考えるこれからの住まいへ】

 

いかがでしたか?

これからの暮らしは?衛生目線で考える3つの玄関リフォーム、ご参考になりましたか

 

スペースが狭くても、衛生面を考えた玄関リフォームプランはあります

お気軽にご相談ください!

 

ご相談はこちらから
0120-47-3113 0120-47-3113
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る